抗うつ剤の入手方法|うつ病の治療を進めていくには!診断が必要不可欠

抗うつ剤の入手方法

男性

うつ病の原因

現代社会においては、メンタルヘルスに不調を来す人が年々増加しています。中でも深刻な社会問題となっているのが、鬱病患者の増加です。抑うつ気分や眠れないといった睡眠障害が長期的に引き続き、他に病気がないような場合、鬱病と診断される場合があります。一昔前までは、心の病と言われていましたが、実はセロトニンやドーパミンといった脳内の神経伝達物質の減少により発症します。しかし、何が原因となって神経伝達物質の減少が引き起こされるのか、そのメカニズムについては解明されていません。一般的には、ストレスによって引き起こされると考えられています。ストレスの要因も様々で、仕事に関することや家族に関すること、健康に関することなどが考えられます。特に多いのが、人間関係に由来するストレスと環境の変化によってもたらされるストレスです。人間は一人では生きていけませんので、人間関係を避けることはできません。また、昇進や結婚、出産といった本来であれば喜ばしい出来事もストレスになる場合があります。このため、専門医は、患者から話を聞き、診断を行います。鬱病は、脳内の神経伝達物質の減少によって引き起こされます。このため、治療に用いられる抗鬱剤も、脳内の神経伝達物質が取り込まれないようにすることが、基本的な機能です。鬱病の診断を行った専門医は、患者の症状や重症度にあわせて、治療に用いる薬を処方します。インターネットの普及によって、外国の薬を個人輸入することで入手することもできます。しかし、きちんと専門医の診察を受け、病名の診断を受け、専門医の服薬指導に従って薬を飲み続けることが大切です。抗鬱剤といえども薬であることに変わりはありませんので、副作用が出ることもあります。その場合にも、主治医の指導に従って、薬の量を増やしたり、減らしたりのコントロールをすることができます。最近は、ドラッグストアでも、処方箋がいらない市販薬を入手することができるようになっています。しかし、入手が容易だからと言って、数ある市販薬の中から自分の症状の改善にあった薬を、自分で選択することは非常に難しいことです。専門医が出してくれた処方箋で薬を手に入れることが第一です。

Copyright© 2018 うつ病の治療を進めていくには!診断が必要不可欠 All Rights Reserved.