心を治す薬の特色

医者

不安の改善とやる気の回復

効果や種類も違う薬は沢山ありますが、精神科や心療内科で鬱病と診断されますと、抗うつ剤を出してくれるのが一般的です。抗うつ剤はバランスの崩れた脳内の環境を整える働きがあり、服用開始後およそ1週間から2週間で効き始めます。そのため最初は効き目が実感できなくても、病院で支持を受けた通りに飲み続けるのが特徴です。また、主要な抗うつ剤として最も古いのが三環系であり、SNRIやNaSSAといった新薬ほど副作用は少なくなっています。さらに新開発の抗うつ剤は特定の神経伝達物質にのみ作用するため、改善効果が総じて高いのも特徴です。そのことから鬱病と診断された後は基本的に新薬を処方されますが、相性もありますので、患者によっては古い薬の方が効果的な場合も少なくありません。そして、抗うつ剤の値段は新しい物ほど高く、古い種別の薬ほど安いのが特徴で、特に特許が切れた薬なら、更に安いジェネリック医薬品が販売されています。一方、抗うつ剤の多くは神経伝達物質の減少を抑えるのが目的ですが、NaSSAという薬は、セロトニンとノルアドレナリンの分泌量を増やすのが特色です。感情は、セロトニンをはじめとするノルアドレナリンや、ドーパミンなどの神経伝達物質によって支えられています。そして最も古い三環系の抗うつ剤は、それらが体内で吸収されたり、分解されたりするのを抑える効果があるのです。三環系は鬱病に対する効き目が高い反面、古い薬ゆえに副作用もあり、それを改良したのが四環系です。四環系は副作用が減ったぶん効き目も減ってしまったのですが、眠りへ導く効果に長けているため、不眠を伴う鬱病と診断された時に処方されたりします。一方、比較的新しいSNRIという抗うつ剤は、セロトニンとノルアドレナリンに対してのみ効果が出るよう設計されており、余計な副作用を招きません。主に鬱病特有の不安感や落ち込んだ気分を取り除き、やる気といった感情を回復させる効果があります。そしてNaSSAはSNRIとは作用基軸が異なるため、SNRIなどで改善効果が見られないと診断を受けた鬱病でも、効き目を期待できるのです。NaSSAは治療効果が高いほか、四環系を発展させた抗うつ剤ですので、睡眠の質を高める効果も持っています。

Copyright© 2018 うつ病の治療を進めていくには!診断が必要不可欠 All Rights Reserved.